Sponsored Links

ぴよぴよ

子どもがいない夫婦の将来ってどんな感じなんだろう?


みかんみかん

このまま結婚生活をして良いのかって悩んじゃうよね

こんな人にオススメ

  • 子なし夫婦の妻
  • 子どもがいない結婚生活が不安な人
  • 子なし夫婦の夫

タイトル:子なし夫婦の辛い悩み
「結婚生活に何の
意味があるのか?」
男性の本音

このブログ記事にたどり着いて頂きありがとうございます。

「途次大志の備忘録」の執筆者の途次大志(toji-taishi)です。

子どももいないのに「このままの結婚に意味があるのか?」という葛藤を乗り越え、私たちも子なし夫婦だからこそ実現できることを楽しむようにしています。

子なし夫婦の辛い悩み

子なし夫婦歴15年以上の私たちも子どもに恵まれないことで、お互いにとってこのまま結婚生活を続けていくべきなのか?と思い悩む時期がありました。

他の子なし夫婦の人たちはどうしているのだろう?と周りの人の意見を聞いたり、書籍に目を通したりすることで、私たちなりの方法論を築き上げられたように思います。

子なし夫婦の妻

子なし夫婦の妻の不妊への 心配と受診経験
参考:第15回出生動向基本調査 図表II-3-4

この「途次大志の備忘録」でも子なし夫婦について色々と考え、整理してきましたが、執筆しているのは子なし夫婦の夫、つまり男性です。

色々と子なし夫婦について調べていく中で、夫よりも妻の方が子どものいな人生について深く考えているということを男性はもっと理解しなければならないと思うようになりました。

「出産適齢期」の意味することを夫は頭では理解していても妻ほど切実に理解しきれていないことにひとつの原因があるのかもしれません。

その一方で妻は「もしこのまま子どもができなければ」「もうすでに我が子を持つことは難しい」という現実的な不安に向き合い、さらに後悔のない人生を夫にも歩んで欲しいと願っているのだとすれば男はなんとも呑気な生き物のように感じます。

関連記事でもご紹介している通り、国立社会保障・人口問題研究所が行った調査結果からも30代では6割以上、40代で5割以上の妻が不妊の不安を抱えていることからも妻一人だけでなく夫婦として取り組んでいきたいものです。

妻の不妊への不安と受診経験

20代子なし夫婦の妻
不安:45.2%
受診経験:17.8%

30代子なし夫婦の妻
不安:64.1%
受診経験:32.8%

40代子なし夫婦の妻
不安:52.5%
受診経験:29.4%

子なし夫婦の結婚生活

子なし夫婦の結婚生活
妻の抱える不妊の心配は、もちろん子どもができないかもしれないという不安ですが、もう少し整理すると、その先にある子なし夫婦としての結婚生活への不安ということにもつながるでしょう。

子なし夫婦の結婚生活がどういうものなのかということを理解することで不安の解消の糸口を見出すことができるように思います。

理解しやすいように「子育てがない近い将来」と「孫ができない老後の将来」の大きく2つの将来の懸念に分けて考えていけそうです。

子なし夫婦の2つの将来
  • 子育てがない近い将来
  • 孫ができない老後の将来

子育てがない近い将来

周りを見ていても子育てが容易なことではないことは理解できます。

それでも夫婦で取り組む子どもと過ごす心豊かな時間がポッカリと欠如している空虚感は感じてしまいます。

「お子さんは?」と聞かれることが多くなる年齢になると、友人たちとの話題も子育ての話が多くなり聞くことだけしかできない自分自身を自覚するようになり、子ども連れの観光客が多い観光地を避けるようになることもあります。

周りの人に悪気がないことはわかっていても、むしろ自分自身が勝手に子なし夫婦であることの申し訳なさを感じてしまいます。

子なし夫婦のメリットもあるはずなのですが、ついつい子どもがいないことで豊かさを感じにくいという現実は以前にご紹介した「夫婦が子どもを持つ理由」のデータを考え合わせれば避けられないことなのでしょう。

孫ができない老後の将来

子どもがいないことで豊かさを感じるのが難しい子なし夫婦の生活が続いた先には、孫がいない老後の生活が控えています。

周りで悪気なく孫の話をする友人に囲まれて、また自分勝手に子なし夫婦ならぬ「孫なし夫婦」の空虚感を感じるのかもしれません。

孫なし夫婦の老後が待つ子なし夫婦を楽しく続けていくことができるでしょうか。

子なし夫婦の離婚率が高いのか低いのかについて、以前、この「途次大志の備忘録」の記事で検討しました。

子どものいる夫婦に比べて20代の子なし夫婦の離婚率はさほど高くはないものの、30代と40代では子なし夫婦の離婚率は高いという考察を行いました。

このように妻が抱える不妊への不安は近い将来と老後の将来を見据えているからこそ生じるのだとしたら、男性はどこまで先の将来を見据えているのかが逆に不安になります。

子なし夫婦の男性の本音

子どもがいないことで迎える将来について不安を抱える妻に対して夫はどのように考えているのでしょう。

不妊の原因は女性だけでなく男性の原因の場合もあると言われながら、必ずしもすべての不妊の原因が明確に判明しない場合もあります。

私たちの場合は夫婦の両方ともに不妊の特に深刻な原因があるわけでもなく子どもに恵まれることはありませんでした。

このように子どもができないという事実に至る要因はたくさんあり、すべてがわかっていないのです。

不妊の原因が明確でない場合、妻は「私が身を引けば夫だけは子どもを持つことが叶うかもしれない」と思う女性がいるかもしれません。

不妊の要因が様々なように、夫婦の形も年齢差や性格や生活スタイルなど様々です。

男性の本音と言っても、また様々です。

夫婦のことは夫婦にしかわからないので、夫婦でしっかりと話し合うこと以外には根本的な解決策はないと言えるでしょう。

しっかり話し合って夫の本音、妻の本音を出し合うことが将来に禍根を残さない方法であることを夫婦がしっかりと理解することから始める必要がありそうです。

子なし夫婦の結婚の意味

光陰矢の如し、現在の科学を持ってしても容易に時を戻すことはできません。

時間だけは確実に進んでいき、将来に取り返しのつかない後悔を残さないために子なし夫婦の結婚の意味を夫婦で探っていきましょう。

子なし夫婦の意味を話し合う

まずは夫婦で話し合いを!と言われても、なかなか改まって話すというは難しいものです。

私は冬にはスキーをします。

スノボではなくスキーです。

スキーではストックを持っていますが、あのストックはスキーのエッジを効かせてターンすることには実は何の役にも立っていません。

ターンをする前の先行動作としての単なるきっかけでストックを付いているに過ぎないのです。

現にストックがなくてもスキーでターンはできます。

それでもストックを付くという行程を加えるとスキーのターンがスムーズに行えます。

いざ夫婦で話し合いをするにも何かきっかけがある方が始めやすいのと似ています。

きっかけはゆっくり旅行に出掛けても良いでしょうし、「こんなブログ記事があったよ」でも良いでしょうし、テーブルに関係しそうな本を置いておくのも良いでしょう。

何かしらきっかけがあれば夫婦での話し合いもスムーズに進むというものです。

子なし夫婦であれば養育費がない分だけでも経済的には余裕があるので夫婦に合ったきっかけを見つけてみると良いでしょう。

子なし夫婦の合言葉を決める

夫婦で話し合った結果、もし子なし夫婦、孫なし夫婦の意味を見つけられそうならば、理想とする二人の姿をしっかりと共有することが大切だと思います。

共有した理想の姿を忘れないようにするために、下手でも絵にしてみるのも良い方法だと思います。

さらには夫婦の中でスローガンとなる合言葉を決めると、意識の継続に役立ちます。

私たち夫婦も理想とする二人の姿を下手な絵で描き、「ご縁育て(ごえんそだて)」という合言葉を作りました。

ある行為や活動が二人の理想とする姿に貢献するかどうかを判断し、役立つものだと思えば「ご縁育て」の一環として前向きに取り組めるようになりました。

子なし夫婦を楽しむ

新しい元号の令和を迎え、価値観の多様化は進んでいるように感じます。

夫婦二人の価値観が合致していれば、これほど心強い味方はいません。

何事も自分がやる前は大きな壁でも、超えてしまうとありがたみを忘れてしまいます。

こうして何かしらの縁があって結婚した二人なので、あとはこの縁を二人で育てていくことができれば良いのだと考えています。

夫婦でもすべての価値観が合っていることは少ないでしょうが、過半数の価値観が合っていたり、互いの価値観を認めることができるので結婚生活を続けていけているのだと思います。

そんな夫婦の価値観を大切にして、子なし夫婦を楽しみながら過ごすことで将来にやってくる孫なし夫婦でも楽しく過ごせるのではないでしょうか。

私たち子なし夫婦もしっかりと話し合い、「ご縁育て」という合言葉をもとに二人が好きな旅行に出掛けたりして子なし夫婦の結婚生活を楽しんでいます。

Sponsored Links

まとめ

タイトルに「男の本音」と入っていることに消化不良を起こしているかもしれないので触れておきます。

ご紹介した書籍にも子なし夫婦の夫へのインタビューが掲載されているので、どうしても気になる方はそちらをおすすめします。

なお私の場合は、子どもができないだろうと考えた時期に、妻ほどに価値観を共有できる女性に出会うことは、子どもを授かることよりも難しいだろうという判断がありました。

本記事でも書きましたが、書籍のインタビュー記事も私の本音も所詮は一般論に過ぎません。

価値観の多様化が認められやすくなってきた時代だからこそ、しっかりと夫婦で話し合い、お互いの本音をぶつけてみることを強くおすすめします。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。
これからも良質な情報をお届けできるよう精進いたします。
今後とも「途次大志の備忘録」をお引き立ての程、よろしくお願い致します。

途次大志

Title toji-taishi-no-bibouroku
途次大志のプロフィール紹介

Sponsored Links