Sponsored Links

ぴよぴよ

子なし夫婦ならではの悩みがあるものだよね


みかんみかん

子なしあるあるが紹介されている本があるよ

子なし夫婦の暮らしの あるある本 「子どものいない 人生の歩き方」

このブログ記事にたどり着いて頂きありがとうございます。

「途次大志の備忘録」の執筆者で子なし夫婦の夫の途次大志(toji-taishi)です。

子どもがいない夫婦の将来について妻である女性の方が真剣に考えているように感じます。

子なし夫婦の夫である私も男性としてちゃんと考えないといけないなと思っています。

子なし夫婦を楽しむコツ
  • 他の子なし夫婦のことも知る
  • 客観的で俯瞰的な視点も大切にする
  • 自分たちならではの子なし夫婦になる

子なし夫婦の暮らし

子なし夫婦の寂しさや不安を漠然と抱えたままで過ごすより、いろいろな人の人生経験を知って自分たちらしい夫婦の形を創造していきたいものです。

本の紹介

誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方

子どもをつくらないと決めた夫婦、子どもが欲しかったけどコウノトリがやって来なかった夫婦、子なし夫婦でも価値観や悩みごとは様々です。

結婚して15年以上が経つ私たち夫婦は不妊治療を行いましたが残念ながらコウノトリがやって来なかった夫婦です。

不妊治療でも男性への負担と女性への負担は雲泥の差があります。

妻のことをすべてわかってあげられないまでも夫として少しでも妻の気持ちを理解したいと思うものです。

そんな中で巡り合ったのが「子どものいない人生の歩き方」という本でした。

本というまとまった形で子なし夫婦のことについて考えたい時に適した本です。

多様性のある女性

この本の中では子どものいない女性の本音に迫る多くのインタビュー記事や意識調査に加え、専門家の見解などをもとに人生を好転させるヒントまでを網羅的に紹介されています。

著者であるくどうみやこさんはご自身の経験も踏まえ、子どものいない女性を応援するプロジェクト「madane」などでご活躍されている女性です。