Sponsored Links

深堀り1選
この記事では、WordPressの有料テーマの導入について、導入前と導入後の感想をまとめています。

こんな人にオススメ

  • WordPressを無料テーマで続けている人
  • WordPressの有料テーマが気になっている人
  • もう少しPV数が増えたら有料テーマに切り替えようと考えている人

初めて有料テーマ賢威をWordPressに導入した感想

1年前にレンタルサーバーにWordPressを設置をしたものの、そのまま1年間、ほぼ放置状態でした。
もちろん設置当初に無料テーマでいろいろと挑戦していましたが、まったくの素人の私にとっては大変でした。
まずはHTMLとCSSを勉強し、なんとなく理解したもののPHPという存在を知り、また尻込みをしました。
そんな私が2018年9月に一念発起して、再度取り組み、奇跡的にGoogleアドセンスに合格。
このまま記事を書き続けようと思っていましたが、やはりデザインやSEOなどが気になりはじめました。

導入前の気持ち

有料テーマはまだ早い

なにせWordPressを1年放置した実績のある私ですので、有料テーマなんてまだまだ早いと思っていました。記事をもっと書き続けて、それなりにPV数が上がってきてから、自分へのご褒美として有料テーマにするという方が良いんじゃないかと考えていました。

そう思いながらも、他のインターネット上の先輩方のデザイン的にも優れたブログを見ると憧れのようなものも感じていました。

記事が消えるんじゃないか

なにせ素人なので、有料テーマの導入についてはいろいろ懸念がありました。その1つが、これまで書いたわずかながらの記事が消えてしまうのでは?消えないまでもめちゃめちゃになってゼロから書き直さないといけなくなるのではないかという類の不安もありました。

もっとも一応、バックアップのプラグインも導入していますが、バックアップからの復元の経験もなく不安でした。

使い慣れるまで大変そう

いくつか記事を書き、やっと無料テーマに慣れてきたところで、有料なり無料なりテーマ(テンプレート)を変更することで使い慣れるまでに時間が掛かるんじゃないかという心配もありました。

テーマを変更することでウィジットやら細かい設定を変更しなおさないといけないのも素人にとっては大変に思ってしまいます。



導入後の感想

幸い大きな問題はなし

念のため用意しておいたバックアップデータも使用することなく、幸運にも記事やデータが消えるなどの問題がなく、ある意味、あっさりと有料テーマを導入することができました。

導入前に懸念していた新しいテーマに使い慣れるということについては、もちろんどんなことでも新しいことには慣れないこともありますが、無料テーマでの経験も少しだけあったこともあり、1年前に初めてWordPressを始めた頃に比べるとさほど大変ではありませんでした。

サポートが充実

私の導入した有料テーマは導入されている方も多い【賢威】です。すでに実績の多くある有料テーマということもあり、なによりサポート体制が充実しているので、導入前に懸念していた細かい設定方法なども私のような素人でもなんとか対応することができました。

たとえばスマホで自分のサイトを観た際に、サイトが左右に動いてしまうという症状も会員のみが閲覧できるサイトの情報をもとに解決することができました。

便利な機能もあり

他の有料テーマも同様なのかもしれませんが、テーマ自体に便利な機能が組み込まれていることに感動しました。

目次例
【画像】目次例の一例

たとえば、この記事にも取り入れていますが、文頭の目次が自動で生成できます。
無料テーマの頃は、HTML上に直接入力し、記事内の項目にリンクさせていましたが、そういったことが自動でできてしまいます。

有料テーマの使用が時短にもなるということが実感として理解できました。

Sponsored Links

まとめ

確かに無料で運用していけることに越したことはないかもしれませんが、導入後の今は有料テーマにして良かったとつくづく実感しています。むしろまだ記事数の少ない今で良かったと思いますし、もし1年前の自分にアドバイスをするとすれば最初から有料テーマにすることを進めます。そうすれば1年間放置するということにはならなかったかもしれません。

私のように知識がない、経験がないというのは、ちょっとしたことにもほんと色々と思いや悩んでしまいます。
有料テーマの導入については、思い切ってやって良かったと思えることのひとつです。




記事番号:wp/テーマ/有料/Z-H/M

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。
これからも良質な情報をお届けできるよう精進いたします。
今後とも「途次大志の備忘録」をお引き立ての程、よろしくお願い致します。

途次大志

Title toji-taishi-no-bibouroku
途次大志のプロフィール紹介

Sponsored Links