Sponsored Links

タイトル

ぴよぴよ

年齢を重ねるというのも悪いことばかりじゃないね


みかんみかん

夫婦の年齢合計が88才を超えると「フルムーン夫婦グリーンパス」が使えるからね

こんな人にオススメ

  • 夫婦の合計年齢が88才以上の人
  • JRのグリーン車で全国を旅したい人
  • 北海道と東北の温泉が好きな人

北海道・東北の至極の温泉巡り:JRフルムーン夫婦グリーンパス
このブログ記事にたどり着いて頂きありがとうございます。

「途次大志の備忘録」の執筆者で夫婦で温泉大好きの途次大志(toji-taishi)です。

夫婦の年齢合計が88才を超えたのでJR「フルムーン夫婦グリーンパス」を利用して北海道と東北のずっと行きたかった温泉を巡ってきました。

宿泊代や飲食代を抜いた電車代だけで10万円以上のお得な旅になりました。

ずっと行きたくて今回巡った温泉
    • 【北海道】銀婚湯温泉
    • 【青森】蔦温泉
    • 【秋田】乳頭温泉
    • 【山形】銀山温泉

フルムーン夫婦グリーンパス

JRのフルムーン夫婦グリーンパスを利用して銀婚湯温泉(北海道)、蔦温泉(青森県)、乳頭温泉(秋田県)、銀山温泉(山形県)を4泊5日の旅に出掛けました。

切符の概要

すでにこのページに辿り着かれているということは、フルムーン夫婦グリーンパスについてご存知のことでしょう。
まだご存知ではない方のために簡単にご紹介しておきます。

フルムーン夫婦グリーンパス JR線のグリーン車(一部を除く)が5日間、7日間、12日間、自由に乗り降りできる切符
条件 夫婦二人の年齢の合計が88才以上
乗車期間 制限あり
発売期間 制限あり

夫婦2人分の料金

2018年に利用した時の参考価格です。

2018年利用時 一般 シルバー
5日間 82,800円 77,800円
7日間 102,750円 97,750円
12日間 127,950円 122,950円

上記の料金は一人分ではなく、夫婦二人分の料金です。

今回2018年利用時の「北海道・東北の至極の温泉巡り」と同じルートをグリーン車を利用した場合の通常料金をざっと計算してみました。

夫婦二人の通常料金の合計だと183,900円です!

一人当たりの通常料金で91,950円です。
つまり一人分の通常料金よりもフルムーン夫婦グリーンパスが安いということです。

フルムーン夫婦グリーンパスの良いところはツアーのように決められたルートで旅をする必要がないところです。

その日の天候や夫婦の希望によってルートを変更できる点も大きな魅力です。

北海道・東北の至極の温泉巡り:JRフルムーン夫婦グリーンパス2

贅沢でお得な切符

フルムーンなんてまだまだと思ってらっしゃる方々、たとえば同じ年の夫婦であれば44才になれば、44才と44才で88才以上になるので利用できます。

たしかに44才でフルムーンという言葉はピンときませんが、期間中、全国のJR線(一部除く)のグリーン車が乗り放題となる贅沢でお得な切符を手にすることができます。

さらに夫婦どちらかが70才以上だとシルバー料金が適用されます。
たとえば70才のおじい様が18才の若い奥様とご結婚されていれば夫婦でシルバー料金で旅することができます。

北海道・東北の至極の温泉巡り

このフルムーン夫婦グリーンパスを利用して我々も夫婦で初めて旅をしました。

事前にグリーン席の指定予約も可能なので、まさにゆったりとグリーン車から車窓を楽しめます。

北の名湯を一気に制覇

グリーン車で鉄道に揺られ、途中下車をして街や名物を楽しみながらの贅沢でお得な旅です。

ずっと行きたかった北海道と東北の温泉地に4泊5日で一気に巡りました。

一度の旅で巡ることでそれぞれの温泉の個性がよく理解できました。

ずっと行きたくて今回巡った温泉
    • 【北海道】銀婚湯温泉
    • 【青森】蔦温泉
    • 【秋田】乳頭温泉
    • 【山形】銀山温泉



夢のような旅程

北海道、青森、秋田、山形の行ってみたかった至極の温泉を一気に巡り、しかも鉄道の座席はグリーン車。

途中での乗り降りも自由なので、鉄道の運行時間に合わせて当日にアレンジすることもできる自由奔放な贅沢な旅程を組むことができます。

旅程
1日目 東京6:32>>はやぶさ1号>>10:57新函館北斗11:09>>スーパー北斗9号>>11:18大沼公園 大沼公園散策 大沼公園12:44>>スーパー北斗11号>>13:01森13:46>>普通>>14:06落部 (送迎バス)銀婚湯温泉泊
2日目 落部10:27>>普通>>10:44八雲 八雲駅周辺散策 八雲12:13>>北斗8号>>13:07新函館北斗13:35>>はやぶさ24号>>14:52七戸十和田 (送迎バス)蔦温泉泊
3日目 七戸十和田10:54>>はやぶさ16号>>11:44盛岡 盛岡駅周辺散策 盛岡13:35>>こまち19号>>14:07田沢湖 (有料バス)乳頭温泉鶴の湯泊
4日目 田沢湖10:26>>こまち3号>>10:50大曲11:15>>普通>>12:56新庄13:18>>つばさ144号>>大石田 (送迎バス)銀山温泉能登屋泊
5日目 大石田11:31>>つばさ140号>>14:48東京
Sponsored Links

いざ!至極の温泉巡りへ

つらつらと文章を書くよりも写真をお楽しみください。

北海道の銀婚湯温泉

銀婚湯温泉タイトル
北海道

1日目

東京6:32>>>はやぶさ1号>>>10:57新函館北斗11:09>>>スーパー北斗9号>>>11:18大沼公園 【大沼公園散策】 大沼公園12:44>>>スーパー北斗11号>>>13:01森13:46>>>普通>>>14:06落部 (送迎バス)銀婚湯温泉

出発
さぁ出発!東京駅から北へ新幹線たび。
グリーン車
グリーン車ですぞ、グリーン車!
シート
こんな贅沢なシートで鉄道たびができるなんて。
大沼公園
途中下車して北海道の大沼国定公園を散策、すごくキレイなところ。
いかめし
乗り換えの森駅で買ったいかめし、くぅー、旅情感あるぅ。
フキノトウ
季節は春、フキノトウを大沼公園で見つけました。
銀婚湯温泉
銀婚湯温泉!ものすごく素晴らしい温泉です!
猫
銀婚湯温泉の名物!?の猫もお出迎え。
入湯札
露天の家族風呂の鍵代わりになる入湯札。
丸太風呂
丸太を切り抜いた湯船を川を眺めながら、最高!
朝ごはん
朝ごはん、銀婚湯温泉の食事はどれも地元感があって美味しい。

青森県の蔦温泉

蔦温泉
青森

2日目

落部10:27>>普通>>10:44八雲 【八雲駅周辺散策】 八雲12:13>>北斗8号>>13:07新函館北斗13:35>>はやぶさ24号>>14:52七戸十和田 (送迎バス)蔦温泉

駅員
北海道から青森県へ、駅員さんの腕章。
八雲駅
乗り換えの八雲駅前を散策、ほたての町。
四季島
開業前の豪華列車「四季島」に遭遇。
蔦温泉
青森県の蔦温泉に到着、歴史深い宿です。
鉄道たび
鉄道たびはほんとうに楽しいものです。
ポスト
誰かに手紙をゆっくりしたためようかな、なんて。
部屋
部屋も広々として温泉宿に来た!って感じです。
アメニティー
アメニティーもしっかりと揃っています。
日本酒
料理とともに日本酒をキューっと。

秋田県の乳頭温泉

乳頭温泉
秋田

3日目

七戸十和田10:54>>はやぶさ16号>>11:44盛岡 【盛岡駅周辺散策】 盛岡13:35>>こまち19号>>14:07田沢湖 (有料バス)乳頭温泉鶴の湯

グリーン車
新幹線のグリーン車もいろいろな種類がありますね。
じゃじゃ麺
盛岡駅で途中下車、名物の「じゃじゃ麺」を昼食に。
バス
田沢湖駅から乳頭温泉へ向かうバスは懐かしい感じ。
囲炉裏
乳頭温泉郷「鶴の湯」の本陣の囲炉裏。
日本昔ばなし
日本昔ばなしの中に迷い込んだ気分になります。
風情
小雨が降れば降ったで風情がありますね。
ランプ
昔の人はランプだけで暮らしていたのかと実感します。
カラス
もはやカラスまでもが風情を漂わせます。
ごはん
秋田の山奥のごはんを満喫。

 

山形県の銀山温泉

銀山温泉
山形

4日目

田沢湖10:26>>こまち3号>>10:50大曲11:15>>普通>>12:56新庄13:18>>つばさ144号>>大石田 (送迎バス)銀山温泉能登屋

銀山温泉
最終宿泊地、山形の銀山温泉に到着。
湯気
大きな川沿いに立ち込める湯気がたまりません。
窓から
宿から見下ろす風情もなかなかなものです。
能登屋旅館
大正ロマン溢れる能登屋旅館。
雪
雪の季節も良いよと聞いていたら最終日に雪が降りました。
雪化粧
春なのに雪化粧をしてくれました。
別世界
まるで別世界に迷い込んだような銀山温泉でした。
旅ならでは
地元の味が楽しめるのは旅ならではの楽しみです。
Rフルムーン夫婦グリーンパス
またJRフルムーン夫婦グリーンパスを利用したい!
5日目

大石田11:31>>つばさ140号>>14:48東京泊

旅をふりかえって

我々夫婦はまだどちらも70才を超えておらずシルバー料金は適用されないため一般料金で5日間のフルムーン夫婦グリーンパスを利用しました。

ずっと行ってみたかった北海道と東北の温泉を一度にすべて巡るというのは、なかなか豪快で楽しく、各温泉の違いもよくわかりました。

JRフルムーン夫婦グリーンパスという特別な切符をこれからも利用していきたいと思っています。

どうかJRさん、これからもこのフルムーン夫婦グリーンパスを続けてください!


最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。
これからも良質な情報をお届けできるよう精進いたします。
今後とも「途次大志の備忘録」をお引き立ての程、よろしくお願い致します。

途次大志

Title toji-taishi-no-bibouroku
途次大志のプロフィール紹介

Sponsored Links